戦場にかける橋と泰緬鉄道でカンチャナブリを初体験

タイのなかでも有数の観光スポットであるカンチャナブリー。そこでのマストな観光スポットを押さえたツアーです。戦争時の雰囲気を感じる博物館や泰緬鉄道・クウェー川鉄橋などの重い鉄の息吹き、それらを目で見て手で触れる体験をすることで、過去の歴史が私達の目の前に蘇ってきます。

スケジュールの一例

7:00

ワゴン車でお出迎え

ご指定のホテル、または集合場所にお迎えにあがります。

戦争博物館

10:30
11:00

船でクウェー川を下り、クウェー川鉄橋駅へ

博物館からクウェー川鉄橋駅までは船で行くこともできますよ。
船は一艘につき4名様まで乗ることができます。
オプション料金:500 バーツ

鉄橋の上を散歩

鉄道が到着するまで駅から伸びる鉄橋の上を散歩できます。また泰緬鉄道建設労務の犠牲となった連合軍兵士などを旧日本軍によって建てられた「泰緬連接鉄道慰霊碑」もここから歩いて行けます。

11:10
11:45

泰緬鉄道が駅に到着

この列車に一時間乗ってタムカセー駅までの鉄道の旅です。
乗車賃おひとり:300 バーツ

列車の中からの景色をお楽しみください

列車のなかでは軽食が提供されます。

13:00

タムカセー駅に到着

ここでお食事です。

昼食タイム

バイキング形式(料理の種類は多くはありません)
おひとり:250 バーツ

13:10
14:30

付近の木造橋を散歩いたします

ここも泰緬鉄道建設当時の設計のままです。

線路脇の洞窟

中には仏像があります。

14:40

オプションで象乗り

近くでは象にも乗れます。
料金():

カンチャナブリーを出発

すべてのアクティビティーを終え、帰路につきます。

15:30
19:00

ホテルに帰着

お疲れさまでした。

日本語ガイドと運転手付きレンタカーのセット料金

ワゴン車1台と日本語ガイド1人 / 最大8名様まで参加可能

6,500 バーツ (8時間)

8時間を越えますと1時間あたり400バーツの延長料金がプラスになります。

オプションツアー「カンチャナブリーで象に乗ろう」

コロナの影響で観光のお客さんが激減したため、タイ各地で象乗りのお客さんも減ってしまい、象の世話をする費用が出せなくなったりして象と象飼いの皆さんが苦しい状態になってしまいました。もしよろしければ象に乗ってあげてください。

⚫象に乗ってあげてください20分間のコースです

500 バーツ

ガイドと運転手付きレンタカーの予約をする(ご相談のみでもどうぞ)

    おしらせ

    • 料金には「日本語ガイド代・車代・ドライバー代 (8時間まで) とガソリン代・高速代」が含まれています。
    • 料金は所要8時間までの料金です。8時間を超過した場合は1時間につき400バーツの延長料金をいただきます。
    • ご用意する車は8名様まで乗車可能ですが、お荷物の量が多い場合などにはその限りではありません。もちろん大人数のグループ様には複数台のお車を用意可能です。
    • 観光地などでのお食事代・入場料などは料金に含まれておりません。現地でお客様ご自身でお支払いをお願いいたします。
    • プラン、コース内容は、お客さんのご要望に合わせてアレンジすることは可能ですので、事前に相談ください。
    • お客様のご要望でアレンジした場合、ガソリン代・高速代が別途追加になる場合があります。
    • ご予約をキャンセルの場合は規定のキャンセル料をいただくことがあります。
    • ガイドについて、日本語ガイドの都合がつかない場合があります。お客様がよろしければタイ人ドライバーだけでの派遣も可能です。その場合運転手付きレンタカーの料金になります。お客様が観光中のサポートはタオさんが電話でいたします。